Reuters logo
陸上=薬物違反のカーター、スポーツ仲裁裁判所に提訴
2017年2月17日 / 01:57 / 9ヶ月後

陸上=薬物違反のカーター、スポーツ仲裁裁判所に提訴

[16日 ロイター] - ドーピングの再検査で興奮作用のあるメチルヘキサンアミンに陽性反応を示し、2008年北京五輪の陸上男子400メートルリレーの金メダルを剥奪されたジャマイカのネスタ・カーターが16日、処分を不服としてスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴した。

 2月16日、ドーピングの再検査で興奮作用のあるメチルヘキサンアミンに陽性反応を示し、2008年北京五輪の陸上男子400メートルリレーの金メダルを剥奪されたジャマイカのネスタ・カーター(写真)が処分を不服としてスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴した。11日撮影(2017年 ロイター/Gilbert Bellamy)

カーターの弁護士はロイターに対し、「今日、文書を電子送信し、コピーも(宅配で)明日には着くだろう。つまり、(文書を)提出したということになる」と話した。

国際陸上連盟(IAAF)はまだ出場停止処分を下しておらず、カーターは11日、ジャマイカのモンテゴベイで行われた大会の400メートルリレーで1年5カ月ぶりにレースに復帰していた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below