February 7, 2018 / 1:02 AM / 16 days ago

五輪=金メダリストのアンらロシア選手、CASに提訴

[平昌(韓国) 6日 ロイター] - スポーツ仲裁裁判所(CAS)は6日、国ぐるみのドーピング問題で平昌冬季五輪(9日開幕)への出場を認められなかったロシアの32選手が異議申し立てを行ったと発表した。

提訴した32選手のなかには、五輪で6個の金メダルを獲得しているスピードスケート・ショートトラック男子のビクトル・アンも含まれている。

ロシアは2014年ソチ冬季五輪で組織的なドーピング違反を行ったとして五輪参加を禁じられ、厳しい基準で潔白を証明した169選手に限り、個人資格での参加を認められている。

CASは開幕2日前の7日に事情聴取を行うとしている。ただ、選手たちの異議が認められたとしても、平昌大会に参加できる可能性は極めて低い。

CASは先週、異議を申し立てていた別のロシア28選手について証拠不十分として処分無効の裁定を下した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below