Reuters logo
キャタピラー利益が予想上回る、通期見通し引き上げ
2014年10月23日 / 14:57 / 3年前

キャタピラー利益が予想上回る、通期見通し引き上げ

[23日 ロイター] - 米重機大手のキャタピラー(CAT.N)が発表した第3・四半期決算は、1株当たりの利益と売上高が市場予想を上回った。世界の鉱業需要が弱含んだが、北米で建設や石油・ガス産業の需要が堅調だった。

 10月23日、キャタピラーの第3・四半期決算は1株利益と売上高が市場予想を上回った。写真はマサチューセッツ州で2013年1月撮影(2014年 ロイター/Jessica Rinaldi)

同社は、リストラ費を除く今年の1株利益予想を6.50ドルと、従来の5.85ドルから引き上げた。

来年の見通しは売上高、利益ともにほぼ横ばいと予想した。

23日寄り付き前の米国株式市場で、同社の株価は6.5%上昇している。

第3・四半期の純利益は11億ドル(1株当たり1.63ドル)。前年同期は9億4600万ドル(同1.45ドル)だった。

売上高は約1%増の135億4000万ドル。

トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想平均は、1株利益が1.36ドル、売上高は132億ドルを見込んでいた。

北米の売上高が15%増えた一方で、中南米は21%減となった。中国、欧州、中東、アフリカでは横ばいだった。

同社は来年について、「それなりの確率で世界経済の成長率が改善する」との見方を示した。

ただ、旧ソ連圏や中東での緊張や中国景気の鈍化、多くの国での金利上昇といった複数の「重大なリスク」が企業の景況感に悪影響を与え、売上高の重しとなる可能性があるとした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below