July 30, 2018 / 1:55 PM / 3 months ago

訂正-米キャタピラー、第2四半期は利益倍増 通期見通しも引き上げ

(文中の不要な記述を削除します。)

[シカゴ 30日 ロイター] - 米重機メーカーのキャタピラーが30日発表した第2・四半期決算は、利益が前年から倍増して予想を上回った。また、通期の利益見通しを引き上げた。世界的に需要が好調だった。

第2・四半期の調整後1株利益は2.97ドル。前年同期は1.49ドルだった。アナリストの平均予想2.73ドルを上回った。

通期の調整後1株利益予想は、従来の10.25─11.25ドルから11.00─12.00ドルに引き上げた。

株価は序盤の取引で0.6%高。寄り前には3%超上昇する場面もあった。

売上高は前年比24%増の140億ドル。すべての市場で2桁成長となった。

売上高の約25%を占めるアジア太平洋地域では、機器の販売が39%増。中国での建設活動やインフラ投資増加が追い風になったほか、人民元安も支援した。

石油・ガスや鉱業向け機器の需要も好調で、納入は来年まで続くとしている。

株価は貿易摩擦やコスト圧力により低迷。1月以来、約18%下落し、先月には昨年10月以来の安値を付けていた。

キャタピラーは、米国の輸入関税により下半期の原材料コストが最大2億ドル引き上げられると予想。また、サプライチェーンの問題で輸送コストへの圧力も引き続き見込まれるとした。

ただ7月1日に実施した値上げなどで、こうした影響は相殺されるとみている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below