for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国CATL、資源会社と出資協議 電池材料調達へ=関係筋

[香港 26日 ロイター] - 中国の電池メーカー、寧徳時代新能源科技(CATL)が、資源会社の金川集団国際資源に約10%、20億香港ドル(2億5700万米ドル)相当出資する方向で協議している。複数の関係者が26日、ロイターに明らかにした。コバルト生産会社の浙江華友コバルトも金川国際に同様な提案をしているという。

CATLは、今年価格が急騰しているコバルトなどの原材料の調達を拡大しようとしている。

関係筋によると、CATLは、金川国際株9.9%取得を提案。合意すれば少なくとも年3000トンのコバルトを確保できる。

株取得条件は、金川国際株の過去1カ月の平均価格(1.14香港ドル)に約40%のプレミアムを乗せ、企業価値を約202億香港ドルと評価している。

関係筋によると、CATLは約20%の資本参加、倍の規模のコバルト調達を希望していたが、金川国際に拒否された。

CATLは、金川国際に約10%出資するとの情報を否定。金川国際のコメントは得られていない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up