for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

MS&AD、豪CBAから約654億円で中国保険会社の持ち分取得

 12月9日 MS&ADインシュアランスグループホールディングスは、中国の交通銀行傘下の生命保険会社「交銀康聯人寿保険」の持ち分37.5%を豪コモンウェルス銀行(CBA)から約654憶円で取得すると発表した。写真は6月3日、シドニーで撮影(2020年 ロイター/Loren Elliott)

[9日 ロイター] - MS&ADインシュアランスグループホールディングスは9日、中国の交通銀行傘下の生命保険会社「交銀康聯人寿保険」の持ち分37.5%を豪コモンウェルス銀行(CBA)から約654憶円で取得すると発表した。取得資金はMS&ADが保有する手元資金を充てる。

CBAは先に、この売却について中国当局の承認が得られたと発表、売却手続きは年末までに完了するという。

CBAによると、売却益は8億8600万豪ドルで、当初予想の6億6800万豪ドルを上回る見通し。今回の売却に他の資産処分も加えると、2020年12月中間期の税引き後利益が約8億4000万豪ドル上振れる見込み。中間決算は来年2月10日に発表される。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up