November 12, 2019 / 6:28 AM / 24 days ago

豪コモンウェルス銀、7─9月期は10%減益 低金利響く

 11月12日、豪銀行最大手コモンウェルス銀行が発表した第1・四半期(7─9月)決算は、継続部門のキャッシュ利益(一時項目や非現金項目を除いた利益)が約10%減の22億6000万豪ドル(15億8000万米ドル)となった。写真はシドニーの支店、2017年11月8日撮影(2019年 ロイター/Steven Saphore)

[12日 ロイター] - 豪銀行最大手コモンウェルス銀行(CBA.AX)が発表した第1・四半期(7─9月)決算は、継続部門のキャッシュ利益(一時項目や非現金項目を除いた利益)が約10%減の22億6000万豪ドル(15億8000万米ドル)となった。

純金利マージンは低下。過去最低水準の金利が引き続きマージンを圧迫するとの見通しを示した。

豪4大銀行は軒並み、9月までの1年間の自己資本利益率(ROE)が2年連続で悪化した。豪銀大手はまた、競争の激化や新たな自己資本比率規制への対応に追われてきた。

コモンウェルス銀の9月末時点の普通株式Tier1(中核的自己資本)比率は10.6%で、6月末時点の10.7%からやや低下した。

不良資産は81億2000万豪ドルと、6月時点の78億豪ドルから増加。不良債権処理関連の費用は2億9900万豪ドルに上った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below