for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日銀、デジタル通貨発行へ各国中銀と共同研究へ 「知見を共有」

* プレスリリース here

[ロンドン/フランクフルト 21日 ロイター] - 日銀は21日、中央銀行テジタル通貨の発行に向け、欧州中央銀行(ECB)やイングランド銀行などとグループを立ち上げ、共同研究に取り組むと発表した。中銀デジタル通貨の活用可能性を巡り知見を共有する。

共同研究にはカナダ銀行やスウェーデンのリクスバンク、スイス国民銀行、国際決済銀行(BIS)も参加する。クーレECB前専務理事とカンリフ英中銀副総裁が共同議長を務める。

グループは声明で「クロスボーダーの相互運用性など経済、機能、技術の各方面で設計の選択肢を評価しながら、先端技術の知見を共有していく」とした。

中銀デジタル通貨を巡ってはカーニー英中銀総裁が昨年、国際金融システムにおけるドルの優位性が流動性のわな(金融緩和で金利が一定水準以下に低下すると通常の金融政策が効力を失うこと)のリスクを高めており、各国中銀はその代替となる準備通貨の創設に向け、協調的な取り組みを迫られる可能性があると指摘していた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up