August 28, 2018 / 11:57 PM / a month ago

世界の中銀、合意なき英EU離脱なら外準1000億ポンド売却か

[ロンドン 28日 ロイター] - 米バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(BAML)は28日、英国が合意のないまま欧州連合(EU)から離脱した場合、世界の中央銀行は外貨準備として保有しているポンドのうち合計1000億ポンド(1275億3000万ドル)を売却する可能性がある、との調査結果を報告した。

 8月28日、米バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチは、英国が合意のないままEUから離脱した場合、世界の中央銀行は外貨準備として保有しているポンドのうち合計1000億ポンドを売却する可能性がある、との調査結果を報告した。写真は英ポンド紙幣。ウィーンで昨年11月撮影(2018年 ロイター/Leonhard Foeger)

国際通貨基金(IMF)のデータでは、ポンドは現在世界の外貨準備の4.5%を占めているが、BAMLによると1995年以来の平均は3.6%。同行は「中銀がポンド準備を長期平均(3.6%)まで減らすシナリオでは、1000億ポンドの売りにつながり得る」としている。

BAMLは、世界のポンド準備が現在5000億ドル近いと説明。中銀の売りは相場急落の大きな要因になる可能性があるという。

ただBAML自体は依然として、英国がEUと関税合意を取り付けて離脱する「ソフト・ブレグジット」シナリオを予想している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below