December 16, 2014 / 2:12 AM / 6 years ago

12月の中国製造業PMI速報値、7カ月ぶりに50割れ

 12月16日、HSBC/マークイットが発表した12月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は49.5で、前月改定値の50.0から低下した。写真は上海の建築現場で先月撮影(2014年 ロイター/Aly Song)

[北京 16日 ロイター] - HSBC/マークイットが発表した12月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は49.5で、前月改定値の50.0から低下した。

7カ月ぶりに景況拡大と縮小の分かれ目となる50を下回った。

ロイター調査によるエコノミスト予想は50.0だった。

新規受注指数は49.6に低下。4月以来初めて50を割り込んだ。生産指数も2カ月連続で50を下回った。

HSBCの中国担当チーフエコノミスト、屈宏斌氏は「製造業部門の軟調は12月も続いており、2014年を低迷したままで終えるだろう。ディスインフレ圧力の高まりは、需要の弱さを示している。数ヶ月以内の追加金融緩和が正当化される」との見方を示した。

先週発表された一連の経済指標では、中国の景気減速感が一段と鮮明になった。12日に発表された11月の工業生産は予想を下回り、投資の伸びも低水準にとどまった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below