for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アングル:シャネルと転売屋のし烈な攻防、韓国でブランド需要過熱

[ソウル 17日 ロイター] - 韓国では新型コロナウイルス感染対策として海外旅行が制限され、免税品店で買い物を楽しめなくなった反動からか、国内でブランド品の需要が過熱しつつある。

3月17日、 韓国では新型コロナウイルス感染対策として海外旅行が制限され、免税品店で買い物を楽しめなくなった反動からか、国内でブランド品の需要が過熱しつつある。写真は16日、ソウルでシャネルの店舗に並ぶ買い物客(2022年 ロイター/Heo Ran)

こうした中で仏高級ブランドのシャネルは昨年7月、転売目的で大量購入する客には商品を販売しない方針を打ち出した。転売業者もアルバイトを雇って店頭の行列に並ばせ、商品を手に入れようとするなど、し烈な攻防が繰り広げられている。

シャネルはロイターに、転売するためだけに商品を買いだめしようとする客がいると考えて監視を始めて以来、韓国の店舗で客の動きを見定めてきたと説明。「われわれは彼らの購入パターンを分析した結果、大量購入者を特定できた。この方針を実行してから、店頭の客足は30%減少した」と述べた。

同社は、実際にどうやって大量購入者だとみなしたのかや、国別の販売高を明らかにしてない。

世界的にブランド品の需要は拡大している。調査会社ユーロモニターによると、特に韓国は世界のブランド品売上高でトップ7の一角に食い込んでいる上に、トップ7のうち昨年の売上高が2019年を上回ったのは韓国と中国だけだという。

一方、シャネルのようなブランド品メーカーは商品の供給を厳しく管理して価値を維持するとともに、オンラインでは化粧品や香水などごく一部の商品しか購入できない仕組みを取り入れている。そのため韓国の首都ソウルの中心街では、どうしても商品を手に入れたいという人たちが夜明けから店先に長い行列をつくり、何とか商品を買おうとする「オープンラン」という現象が見られる。

ソウルのシャネルの店舗に並んでいたある客はロイターに「私は朝5時半に到着したが、既に30人余りの行列ができていた」と語り、それでも10時間近く後にようやく入店できた時にはお目当ての商品は売り切れていたと明かした。

そこで強まっているのが、転売市場での引き合いだ。韓国大手IT企業ネイバー傘下の限定品転売サイト「KREAM」では、シャネルの代表的なハンドバッグ「ミディアム・クラシック・フラップバッグ」が1月に1350万ウォン(1万1031ドル)で売られていた。これは通常小売価格より20%以上も高い。

<垂ぜんの的>

KREAMのような転売サイトにはさまざまなブランド品が売りに出されるが、シャネルはスイスの高級時計ロレックスなどと並んで特に垂ぜんの的になっている。韓国では結婚の贈り物として最も人気がある商品の1つであることや、主力ハンドバッグが頻繁に値上げされるのが理由だ。

シャネル・コリアによると、同社は今月、幾つかのハンドバッグ、アクセサリー、季節物の衣料の販売価格をアジアと欧州で引き上げ、韓国でも5%値上がりした。韓国ではここ9カ月間で5回目の値上げだ。

転売目的の大量購入を監視しているシャネルは、「行列管理制度」も採用した。客は到着の順番と来店目的を告げると、入店可能時間がテキストメッセージで送信されてくる。

こうした騒ぎに批判的な声も聞かれる。仁荷大学のリー・ユン・ヒー教授は「消費者は自発的にシャネルの無料広告を流している。(店舗の)外に並んで一夜を明かし、オープンランをしてその体験をソーシャルメディアで発信しているからだ。これら全ての現象は、シャネルがより若い客を引きつけ、大金を使わせる手助けをしていると思う」と指摘した。

<もうかる転売>

もちろん、行列や順番待ちリストの長さに嫌気が差した消費者もいる。

ソウルに住む30代のある女性は「ずっと前にもうシャネルの商品を買うのをやめてしまった。300人前後の順番待ちが普通で、自分が入店できる頃にはもう商品は残っていない。それで本当に買う気がなくなり、こんな常軌を逸した騒ぎの中には居たくもない」と話した。

そんなことであきらめないのは転売業者だ。複数の業者はロイターに、日給最大125ドルを払い、行列に並んだり、代わりに買い物をする人を雇っていると明かした。

30代のある業者は、転売で20%を超える利益を通常得ており、在庫が少なければもっと割が良くなると語った。

この業者は最近、シャネルの「フラップカードホルダー」を中古品取引サイトに出品し、小売価格より40%高い100万ウォン弱を提示したところ、わずか5分で売れたと説明した。

(Heekyong Yang記者、Silvia Aloisi記者)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up