for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

EU大統領が広島訪問、世界の安保「危機にある」と警鐘

[東京 13日 ロイター] - 欧州連合(EU)のミシェル大統領は13日、被爆地の広島市を訪れ、ロシアのウクライナ侵攻や北朝鮮のミサイル実験によって世界の安全保障が脅かされているとの認識を示した。

広島は核軍縮に向けた国際的なルール強化の緊急性を「はっきりと思い起こさせる」と発言。

「こうしている間にも、世界の安全保障は脅かされている。核保有国のロシアがウクライナという主権国家を攻撃し、恥ずべきで許し難いことに核兵器の使用に言及している」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up