for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米アムジェン、血管炎薬承認のケモセントリックスを37億ドルで買収

 8月4日、米バイオ医薬品大手アムジェンは、米同業ケモセントリックスを37億ドルで買収することで合意したと発表した。写真はアムジェンのオフィス。カリフォルニア州 で2013年10月撮影(2022年 ロイター/Robert Galbraith)

[4日 ロイター] - 米バイオ医薬品大手アムジェンは4日、米同業ケモセントリックスを37億ドルで買収することで合意したと発表した。昨年遅くに承認されたケモセントリックスの期待の血管炎薬「タブネオス」が狙い。

ケモセントリックス1株に対し、直近取引終値に116%上乗せした52ドルを支払う。タブネオスは四半期ベースで数字が完全に反映された最初の3か月の売上高が540万ドル。アナリスト予想では2027年までに総額10億ドル超の売り上げが見込まれている。

アムジェンは稼ぎ頭の関節炎薬の特許が29年に切れる上、同分野でライバルの新規参入に直面している。ケモセントリックスを買収すれば別の少なくとも2種類の免疫障害治療薬候補も入手できる。

一方、アムジェンが4日発表した第2・四半期決算は、売上高が前年同期比1%増の65億9000万ドルで、アナリスト予想平均の65億3000万ドルを上回った。骨粗しょう治療薬の売り上げが13%増の9億2200万ドルと貢献した。通年の調整後1株利益見通しは17─18ドルで据え置いた。

*写真キャプションを手直ししました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up