June 16, 2020 / 4:24 AM / 22 days ago

米チェサピーク、早ければ今週にも破産法の適用申請=関係筋

 6月15日、複数の関係筋によると、米石油・ガス生産大手チェサピーク・エナジーは、早ければ今週にも破産法の適用を申請する準備を進めている。写真はオクラホマ州 で2012年4月撮影(2020年 ロイター/Steve Sisney)

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 複数の関係筋によると、米石油・ガス生産大手チェサピーク・エナジー(CHK.N)は、早ければ今週にも破産法の適用を申請する準備を進めている。

新型コロナウイルスの流行を受けたエネルギー市場の混乱が背景。

関係筋によると、同社は現在、連邦破産法11条の適用下で業務を継続するため、9億ドル前後の事業再生融資(DIPファイナンス)について最終段階の交渉を行っている。

既存の債務の一部を事業再生融資に転換し、事業再生融資の総額を20億ドル近くとすることについても、債権者と協議を進めているという。

同社は90億ドル以上の債務を抱えている。

関係筋によると、同社は破産法の適用下から脱却するため、債権者から資本注入を受けることも目指している。

同社は債権者との交渉を終え、早ければ18日にも破産法の適用を申請する計画。交渉の進展具合によっては、破産法の適用申請が来週にずれ込む可能性もあるという。

破産法の適用下から脱却すれば、フランクリン・リソーシズ(BEN.N)などの債権者が、債務70億ドル以上の削減と引き換えにチェサピークを買収することも協議されている。

チェサピークの従業員数は昨年末時点で約2300人。関係筋によると、15日が期日だった利払いを見送った。来月1日にも別の返済期限が到来する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below