November 4, 2019 / 4:33 PM / 13 days ago

チリ、19年成長率予測下げ 反政府デモが経済活動に影響=財務相

チリのブリオネス新財務相は反政府デモの影響を踏まえ、2019年成長率見通しを下方修正した。写真は3日、チリの首都サンティアゴで撮影(2019年 ロイター/Jorge Silva)

[サンティアゴ 4日 ロイター] - チリのブリオネス新財務相は4日、2週間超続いている反政府デモの影響を踏まえ、2019年成長率見通しを2.0─2.2%とし、従来の2.6%から下方修正した。

同日発表された9月のチリ経済活動指数(IMACEC)は3%上昇したものの、10月には0─0.5%低下となる公算が大きいとし、今後数週間で発表される経済指標からデモによる影響の全容が明確になるとの見通しを示した。

付加価値税(VAT)の取り分が過去1週間で4分の1程度減少したとも指摘した。

格差是正などに反対する反政府デモが暴徒化する中、当局によると、これまでも少なくとも18人が死亡。逮捕者も約7000人に上っている。国内の企業は14億ドル超の損失を出し、首都サンティアゴの地下鉄の被害総額は4億ドル相当とされる。

デモが悪化する中、ピネェラ大統領は閣僚を刷新。ブリオネス氏も先週、財務相に指名されたばかり。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below