June 22, 2015 / 3:14 AM / 4 years ago

92歳チリ女性のお腹に石灰化した胎児、約50年も体内に

[ナビダド(チリ) 20日 ロイター] - チリ中部のサンアントニオで、92歳の女性の体内から石灰化した胎児の遺体が見つかった。約50年にわたって体内に残っていたという。

地元メディアによると、この女性は転落したため病院で治療を受けたが、レントゲン検査を行ったところ、体内に石灰化した胎児が見つかった。

女性は、50年以上前に医師から「腹部に腫瘍がある」と伝えられたが、当時妊娠していたとは言われなかったと述べた。

この胎児は子宮外で石灰化していたという。サンアントニオの医師は、女性が高齢であるため手術に伴うリスクが高く、胎児を体内に残しておく可能性が高いと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below