November 7, 2019 / 5:17 AM / 11 days ago

チリの反政府デモ、銅鉱山の操業には概ね影響なし

[サンティアゴ 6日 ロイター] - 南米チリでは反政府デモが続いているが、業界関係者によると、国内の銅鉱山は概ね通常通りの操業を維持している。

 11月6日、南米チリでは反政府デモが続いているが、業界関係者によると、国内の銅鉱山は概ね通常通りの操業を維持している。写真はチリ・サンティアゴで5日撮影(2019年 ロイター/Jorge Silva)

ただ一部の鉱山では散発的な破壊行為が起きており、先行き不透明感が根強いという。

チリは世界最大の銅生産国で、世界全体の銅の約28%を生産している。

コンサルティング会社プラスマイニングのファン・カルロス・グアハルド氏は「デモが激化し、主要労組がゼネストを計画すれば、鉱山会社が必要とするサービスが間違いなく悪影響を受ける」と指摘。

民間の大手鉱山会社のトップも「現時点では落ち着いているが、いつまで続くかわからない」と述べた。

一部の主要鉱山では、破壊活動が起きている。関係者によると、銅生産大手アンフトファガスタ(ANTO.L)のペランブレス銅山では送水ポンプ施設が放火された。

同社は抗議活動を受けて、今年の減産幅の予想を約1万トンに拡大。これを受けて5日の銅価格は値上がりした。

ただ、同社は昨年72万5300トンの銅を生産しており、減産率はごくわずかにとどまっている。同社は4日、他の国内鉱山が通常通り操業していることを明らかにした。

首都サンティアゴ郊外にある資源大手アングロ・アメリカン(AAL.L)のロスブロンセス銅鉱山では、輸送に混乱が生じており、影響を最小限に抑えるためコンティンジェンシー・プラン(不測の事態を想定した緊急対応策)が導入された。

同社のシャグレス精錬所ではエントランスが放火され、バス2台が焼けたという。

ルミナ・カッパーのカセロネス銅鉱山では、抗議活動が続いており、「最低限の人員」で業務を行っている。

鉱山労組や港湾労働者は、反政府デモと連携してストを実施する可能性を警告しているが、現時点ではストに突入していない。

英豪系資源大手BHPビリトン(BHP.AX)は先週、世界最大のエスコンディーダ銅山で労働者が一時的にストを実施し、生産ペースが落ちていると表明したが、翌日には通常通りの操業に戻った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below