for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

チリパウダー入りコンドームでゾウ保護、アフリカで村侵入防ぐ

[12日 ロイター] - アフリカ東部タンザニアの環境保護活動家らは、ゾウが人間の居住地に入り込むのを防ぐため、チリパウダー入りのコンドームを投げる方法を実施している。

この方法は、数年前に国内の自然保護団体「ハニーガイド基金」が考案。有効であることが分かっており、同団体は米自然保護団体ネイチャー・コンサーバンシーとともに北部の村落でボランティアを育成し、推進活動を強化している。

これまでは、やりで防御する人が多かったが、この新しい方法ではゾウを傷つけずに家や作物を守るため、4つの段階を踏む。

まず、侵入してきたゾウに対し、照明器具で明かりを照らし、次にラッパなどで大きな音を鳴らす。それでも効果がなければ、チリパウダー入りのコンドームを投げる。コンドームにはチリパウダーと土と爆竹が入っており、点火すると大きな音を伴って破裂し、空中に粉が飛び散る仕組み。通常はこれで追い払えるが、最後の手段には筒型花火の発射もある。

村落ではこの方法でゾウを傷つけることなく追い払えると自信を持つ人が増えているという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up