for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国アント・グループ、消費者ローン「借唄」の差別化開始

11月8日、中国電子商取引大手アリババ・グループ傘下の金融会社、アント・グループは、短期消費者ローン事業「借唄(ジエベイ)」の一部を「差別化」する取り組みを進めていると表明した。写真は上海で7月撮影(2021年 ロイター/Yilei Sun)

[北京 8日 ロイター] - 中国電子商取引大手アリババ・グループ傘下の金融会社、アント・グループは8日、短期消費者ローン事業「借唄(ジエベイ)」の一部を「差別化」する取り組みを進めていると表明した。

アントは昨年の新規株式公開(IPO)が規制当局によって頓挫させられて以降、金融持ち株会社への転換を進めている。

国内メディアが週末に伝えたところによると、中国規制当局は4月、信用サービスを手掛ける借唄と「花唄(ファーベイ)」を1つの新たな消費者金融会社にまとめることを含め、全面的な事業改革をアントに要求。これを受けて借唄を巡り変化が見られるという。

当局はまた、借唄と花唄は決済サービスと金融商品が不適切に結びついていると批判。これらがユーザーにローンサービスを過剰に宣伝している可能性があるとした。

上海証券報は7日、借り手の話として、借唄のプラットフォームでは、ローンの提供元が重慶アント消費金融か、銀行か明示する形に変更されたと報じた。

アントの広報担当者は「借唄はブランドの差別化を徐々に図っている」と説明。銀行やその他の金融機関が独自に提供する消費者金融サービスは「クレジットローン」のページに表示されるようになると付け加えた。

アントは、ブランドの差別化によって同社のビジネスがどの程度影響を受けるかについては詳しく説明しなかった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up