for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウォーバーグ、アント評価額を15%引き下げ 2000億ドル割れ=関係筋

 11月24日、関係筋によると、米プライベートエクイティ(PE)大手ウォーバーグ・ピンカスは出資先の中国金融会社アント・グループについて、9月末時点で企業評価額を15%引き下げ、1910億ドルとした。上海で7月8日撮影(2021年 ロイター/Yilei Sun)

[香港 24日 ロイター] - 関係筋によると、米プライベートエクイティ(PE)大手ウォーバーグ・ピンカスは出資先の中国金融会社アント・グループについて、9月末時点で企業評価額を15%引き下げ、1910億ドルとした。

6月末時点では2240億ドルと評価していた。

関係筋によると、アントが予定していた超大型の新規株式公開(IPO)が近く復活する兆しはないという。

アントの企業価値は1年前には3150億ドルと評価されていた。規制当局主導の組織再編を巡り、不透明感が払拭されていない。

関係筋によると、ウォーバーグは「規制の動向と現在進行中の組織再編の影響」を理由にアントの評価手法も変更した。

両社はコメントを控えている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up