May 15, 2020 / 2:55 AM / 20 days ago

中国鉱工業生産、4月は前年比+3.9%、予想上回る伸び

[北京 15日 ロイター] - 中国国家統計局が15日に発表した4月の鉱工業生産は前年同月比3.9%増加した。新型コロナウイルスの感染防止に向けた封鎖措置が段階的に解除される中、今年に入り初めてプラスに転じた。

 中国国家統計局が15日に発表した4月の鉱工業生産は前年同月比3.9%増加した。写真は江蘇省の工場。3月2日撮影(2020年 ロイター/China Daily)

ロイターがまとめたアナリストの予想は1.5%増だった。3月は1.1%減少していた。

中国では多くの工場が、稼働を再開した後も海外からの受注の減少やキャンセルに苦しんでいる。

国家統計局は、中国経済は回復しているが、新型コロナの世界的な感染拡大により、依然として多くの試練に直面していると指摘した。

国家統計局の報道官は記者会見で、中国経済の回復は持続すると予想されるものの、世界的なリセッション(景気後退)のリスクが高まっていることが、中国の輸出にとって大きな試練となっていると警告した。また、雇用に比較的大きな圧力がかかっており、現在見られる回復はまだ弱々しいと認めた。

オックスフォード・エコノミクスのアジア担当チーフエコノミスト、ルイス・クイジス氏は、世界的なリセッションが中国経済の回復の重しとなるとの見方を示す一方、「しかし、中国の経済成長は現在、内需に依存している部分が大きい。消費の勢いは、出発点が低く、ゆっくりとではあるが、改善し続けると予想している。また、大規模な政策支援の恩恵を受け、投資は消費をアウトパフォームするだろう」と語った。

4月の小売売上高は前年比7.5%減少した。市場予想は7.0%減だった。店舗やレストランなどが全国的に閉鎖されていた1─3月には小売売上高はより大きな落ち込みを記録していた。

1─4月の固定資産投資は前年同期比10.3%減少。市場予想は10.0%減。1─3月は16.1%減だった。

投資全体の60%を占める民間部門の固定資産投資は1─4月に13.3%減少した。1─3月は18.8%減だった。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below