for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

オーストラリア、中国の大麦関税巡りWTO提訴検討も

[シドニー 19日 ロイター] - 中国が豪州産大麦に80.5%の関税を課すと発表したことを受け、オーストラリアのリトルプラウド農業相は19日、世界貿易機関(WTO)を通じた問題解決を検討する考えを示した。

スカイニュースに対し「判断を下す審判を求めてWTOに訴えることを検討する。われわれにはその権利がある」と述べた。

中国商務省は、2018年に開始した調査でオーストラリアによるダンピングが確認され、結果として国内産業に重大な損害がもたらされたと18日に指摘。オーストラリアから輸入される大麦に対し、反ダンピング(不当廉売)関税として73.6%、反補助金関税として6.9%を課すとした。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up