Reuters logo
アングル:新車臭を嫌う中国、フォードは「黄金の鼻」部隊投入
July 23, 2017 / 1:10 AM / 5 months ago

アングル:新車臭を嫌う中国、フォードは「黄金の鼻」部隊投入

[南京(中国) 20日 ロイター] - 西側諸国のドライバーは、自動車の生産ラインから出てきたばかりの「新車」のにおいを好む。だが中国では、何もにおわない方がむしろ好まれるという。

 7月20日、西側諸国のドライバーは「新車」のにおいを好むが、中国では何もにおわない方が好まれるという文化的違いにどう取り組むかは、世界最大の自動車市場である中国での売り上げを回復するため「強み」を模索する自動車メーカーにとって鍵となる。中国南京市にある米自動車大手フォードの研究施設で12日撮影(2017年 ロイター/Aly Song)

このような文化的違いにどう取り組むかは、世界最大の自動車市場である中国での売り上げを回復するため「強み」を模索する自動車メーカーにとって鍵となる。

例えば、米自動車大手フォード・モーター(F.N)が南京市郊外に構える研究施設には、「黄金の鼻」と呼ばれる18人のにおい査定人がおり、中国と他のアジア地域で販売されるフォード車の内部に使用される材料一つ一つのにおいを検査している。

中国でにおいチェックを行うこと自体は珍しくないものの、このことは自動車メーカーが消費者動向の大きく異なる市場で購入者を引きつけるため、いかに努力しているかを示している。

「北米の人たちは新車のにおいを好む。古い車を新しく感じるように『新車スプレー』を買うこともあるくらいだ。だが、中国では正反対だ」と語るのは、従業員数およそ2300人を抱える前出のフォードの研究施設で材料工学の責任者を務めるアンディ・パン氏だ。

新車のにおいは、中国で並外れた影響を及ぼす可能性がある。自動車業界向けコンサルタントのJDパワーが昨年発表したリポートでは、中国のドライバーが最も懸念するのは、エンジン関連の問題や走行時の騒音、燃費ではなく、不快な車のにおいであることが明らかとなった。

中国での売り上げが今年7%減少しているフォードのにおい査定人は、年間300回に及ぶ検査を実施している。欧州メーカーと比べて3割以上多いという。におい査定人は、車で使用される全材料のにおいについて、「感じられない」から「極めて不快」まで判定する。

カーペットから座席カバーやハンドルに至るまで使用されている刺激性の強い材料は、「焼かれたタイヤ」「腐った肉」あるいは「防虫剤」「汚れた靴下」といったにおいで表現される。そうした材料の一部はサプライヤーに返されることもある。

中国では、フォード車に取り付けられる前の座席は、風通しの良い状態で保管するために穴のあいた布袋に入れられる。一方、消費者が化学的なにおいを中国人ほど嫌がらない米国市場では、座席はビニールで包装されている。

「車内の刺激臭がかなり強いときがある」と、浙江省で高校教師をしているトム・リンさん(24)は語る。リンさんは昨年10月、中国の自動車大手、上海汽車(SAIC)のブランド車「栄威(ロンウェイ)」を購入。半年が経過した今でも、まだにおいが少し感じられるという。

Slideshow (7 Images)

「今度、車を買うときは、変なにおいがしないか、もっと気をつける」とリンさんは言う。

<さらなる強み>

確かに、においは自動車メーカーにとって、中国においてビジネスを成功させる要因の1つにすぎないのかもしれない。同国では、えり好みする購入者は常に新しいモデルを追い求め、政府は新エネルギー車の普及を大々的に推進している。

今年の販売はやや落ち込むとコンサルティング会社のIHSが予想する中国市場では、各自動車メーカーは値引き以外にも消費者にアピールできるさらなる強みを探し求めていると、IHSのアナリスト、ジェームズ・チャオ氏は指摘する。

    吉利汽車(0175.HK)や比亜迪(BYD)(002594.SZ)といった中国のライバル企業は、同国の有害な大気汚染からドライバーを保護する車内エアフィルターを売りにする一方、ドイツの高級自動車メーカーBMW(BMWG.DE)は中国の消費者向けに、より大きなタッチスクリーンを装備するほか、色の調整も行うとしている。

    とはいえ、化学物質や汚染を巡り、中国で懸念が高まっていることを考えれば、においが鍵となる。

    「米国に住んでいるなら、サスペンションやエンジンをチェックするかもしれない」と、米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)やフォード、独フォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)向けに座席やダッシュボードを覆う材料を製造するCGTの中国担当ゼネラルマネジャー、ドン・ユー氏は話す。

    「だが中国では、人々は車のドアを開け、中に座ってみる。もし変なにおいがしたら、健康を害すると思うだろう」と同氏は述べた。

    フォードの「黄金の鼻」部隊にとって、それは厳格なルーティンであることを意味する。においの査定人になるには、目隠しテストをクリアするなど、厳しい選考過程を通過しなければならない。

    「私たちは、とても健康的な習慣を維持しなくてはならない。たばこも酒も禁止」だと、「黄金の鼻」部隊のメンバーの1人であるエイミー・ハンさん(33)は言う。また、鋭い嗅覚を保つため、スパイシーな食べ物は避け、マニキュアやきつい香水、革ジャケットさえも身につけないと、ハンさんは付け加えた。

    (Adam Jourdan記者 翻訳:伊藤典子 編集:山口香子)

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below