August 22, 2019 / 4:17 AM / 25 days ago

中国、ガソリン車の進入禁止区域の設定を検討

 8月22日、中国政府は、国内の一部の地域でガソリン車の進入禁止区域を試験的に設定することを検討している。写真は北京で2015年11月撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[上海 22日 ロイター] - 中国政府は、国内の一部の地域でガソリン車の進入禁止区域を試験的に設定することを検討している。ガソリン車の段階的な廃止に向けた日程を決定する可能性もあるという。

工業情報省のサイトに掲載された文書で明らかになった。市場の需要や排出量などを分析した上で、進入禁止区域の試行の是非を決める必要があるとしている。

文書は、全国人民代表大会(全人代)常務委員会の7月16日の提案を受けてまとめられたもので、国営メディアが21日に報じた。

文書によると、工業情報省はガソリン車の段階的な廃止に向けた日程を決定する可能性もあるが、日程が国内の一部の地域を対象とするものなのか、全国を対象とするものなのかは明らかでない。

海南省は3月、2030年までにガソリン車の販売を中止する計画を明らかにしている。

中国政府は、大気汚染対策の一環で電気自動車の販売を奨励している。ただ業界関係者は、気候・環境に地域差にあり、ガソリン車を全廃できるかは疑わしいとの見方を示している。

中国は、電気自動車、プラグインハイブリッド車など「新エネルギー車(NEV)」の販売台数で世界1位。昨年は130万台を販売した。来年の販売は150万台に達する見通し。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below