for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国自動車販売、7月は前年比+16.4% 4カ月連続の増加=業界団体

[北京 11日 ロイター] - 中国汽車工業協会(CAAM)のデータによると、7月の国内自動車販売は前年同月比16.4%増の211万台となった。新型コロナウイルス対策のロックダウン(封鎖措置)による影響から回復する中、4カ月連続で増加した。

1─7月では12.7%減の1237万台だった。

7月は市場全体の約4分の1を占めるトラックやバンなど商用車の販売台数が、59.4%増と大幅に伸びた。一方、乗用車の販売台数は8.5%増だった。

電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車、燃料電池車を含む新エネルギー車(NEV)の販売台数は19.3%増の9万8000台で、12カ月続いてきた減少が止まった。

7月には、長城汽車、吉利汽車、トヨタ自動車などが販売増を記録した。

CAAMは7月、今年の中国自動車販売について、10─20%減少するとの見通しを示している。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up