August 1, 2019 / 4:34 AM / 17 days ago

自動車部品メーカー、中国生産2ケタ減を予想

[デトロイト 31日 ロイター] - 今年の中国の自動車生産について、世界の多くの自動車部品メーカーは、一部の調査会社以上に悲観的な見方を示している。

 7月31日、今年の中国の自動車生産について、世界の多くの自動車部品メーカーは、一部の調査会社以上に悲観的な見方を示している。写真はフィアットのロゴ。フランスのニースで6月撮影(2019年 ロイター/Eric Gaillard)

調査会社IHSマークイットは今月、中国の今年の自動車生産が6.9%減少し2476万台になると予想したが、多くの自動車部品メーカーは2ケタの減少を予想している。

中国の自動車販売は12カ月連続で減少。通年でも2年連続で前年割れとなる見通しだ。自動車大手のフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)(FCHA.MI)(FCAU.N)は31日、中国の業界全体の販売予測を4%下方修正した。

中国の自動車販売は、景気減速や米中貿易戦争に伴う消費者心理の悪化を背景に減少。厳しい排ガス規制の導入がこれに追い打ちをかける形となっている。

自動車メーカーは、自動車を生産しても、排ガス規制を満たせず販売できなくなる恐れがあるとして生産を削減。これを受けて部品メーカーは生産計画の立案が難しくなっており、大幅な生産減少を予想する声が出ている。

自動車部品メーカー、アプティブ(APTV.N)のケビン・クラーク最高経営責任者(CEO)は31日、アナリストとの会合で「状況が不透明だ」と発言。中国の生産減少に対応するため、現地で人員を削減したことを明らかにした。

同社は、中国の生産が第3・四半期に15%、通年で13%それぞれ減少すると予想している。

ギャレット・モーション(GTX.N)のオリビエ・ラビラーCEOは30日、中国の通年の生産予測を8%減から10%減に修正。これに伴い今年の業績予想も下方修正した。

同氏は「我々は業界のコンセンサスよりもやや悲観的だ」と述べた。

ジェンテックスのスティーブン・ダウニング最高経営責任者(CEO)は19日、第2・四半期の生産計画をIHSの予測よりも控えめな水準に設定して良かったと発言。今年後半についても同様の方針をとる考えを示した。

ボルグワーナー(BWA.N)は25日、中国の今年の生産が10─14%減少すると予測。

ビステオンVC.Nのサチン・ラワンドCEOも、中国の今年の生産予測を4%減から10%減に下方修正した。

リア(LEA.N)も26日、中国の業界全体の生産が予想レンジの中間値で20%以上減少するとの見方を示した。

米中貿易戦争の悪化で自動車部品メーカーの生産計画がさらに修正される可能性もある。

アプティブはコスト削減のため、生産拠点を中国から韓国に移した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below