for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国検索サイト百度、吉利と電動スマートカー会社設立へ

 中国検索サイトの百度(バイドゥ)は11日、中国の自動車メーカー、浙江吉利控股集団と共同で電動スマートカー会社を設立すると発表した。写真は百度のロゴ。北京の本社で昨年5月撮影(2021年 ロイター/Tingshu Wang)

[北京 11日 ロイター] - 中国検索サイトの百度(バイドゥ)は11日、中国の自動車メーカー、浙江吉利控股集団と共同で電動スマートカー会社を設立すると発表した。

バイドゥは、新会社は同社が開発している自動運転技術と吉利の自動車生産技術を融合、吉利を戦略投資家にバイドゥの独立した子会社になるとしている。吉利の電気自動車(EV)向けプラットフォームがベースになるという。

中国では、アリババが上海汽車集団と合弁EV会社を設立したり、滴滴出行がBYDと協力して配車サービス用EVの製造に動いている。

バイドゥは2017年に自動運転部門を設立。主にAI(人工知能)を駆使した技術を提供し、吉利やフォルクスワーゲン、トヨタ自動車、フォード・モーターと協力関係にある。

アナリシスのアナリスト、ジェイソン・チェン氏は、バイドゥの自動車生産計画はソフトウエアで動かす自動車というコンセプトの強化になりそうだが、成功は政府の政策支援や機器コストの削減、ユーザーの需要に依るところが大きいとの見方を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up