for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

上海総合株価指数が初の全面的見直し、不十分との声も

[上海 22日 ロイター] - 中国は22日、導入後初となる全面的な上海総合株価指数の見直しを行った。ただ関係者からは、指数の歪みを十分に修正するには不十分との声が上がっている。

上海総合指数.SSECに「科創板(スターマーケット)」に上場するテクノロジー企業25社を追加する一方、リスクの高い企業91社を除外。これにより、構成銘柄数は1493社となる。

また、市場の乱高下を減らすため、新規上場銘柄の組み入れは上場の1年後とした。これまでは11営業日後だった。

証券取引所によると、見直しは「指数の歪み」への対応が目的。2009─19年に中国の国内総生産(GDP)は約3倍に拡大したが、上海総合指数は7%下落した。同期間に上海・深セン上場の有力企業300銘柄で構成されるCSI300指数.CSI300は15%、深セン総合指数.SZSCは43%上昇した。

関係者は、取引可能な株式だけでなく、全株式の時価総額に基づいている点を指摘し、今回の見直しでも歪みは完全には修正されないとみている。中国建設銀行601939.SSや中国石油化工(シノペック)600028.SSなど、大手国有企業には非流通株が存在する。

今回の見直しは、機関投資家への影響はない見込み。中国では上海総合指数を組み入れているのは2つのミューチュアルファンドのみ。海外投資家の大半は、MSCIやFTSEラッセルなどの世界的指数を参考にしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up