August 13, 2015 / 10:23 AM / 3 years ago

中国天津で港湾機能まひ、二次火災の恐れで荷揚げ禁止に=関係筋

[シンガポール 13日 ロイター] - 中国天津市の工業地帯で現地時間12日夜に起きた大規模な爆発により、化学物質や原油を輸送するタンカーの港湾利用に支障が生じている。貿易や輸送関係者が13日明らかにした。天津市は中国の戦略的石油備蓄の拠点であり、政府は備蓄を拡大中だった。

 8月13日、中国天津市の工業地帯で現地時間12日夜に起きた大規模な爆発により、化学物質や原油を輸送するタンカーの港湾利用に支障が生じている。写真は爆発現場の近くで道路の片づけをする人々(2015年 ロイター/Jason Lee)

サムコ・ヨーロッパの保有する大型原油タンカーは、0715GMT(日本時間午後4時15分)ころ、港湾管理当局に荷揚げの中止を指示されたという。乗組員は「当局によると、二次火災の危険がまだ残っているため、陸揚げを止めるように命じられた。すべての港湾活動を中止させたいようだ」と述べた。

再開がいつになるかは不明だという。

別の港湾関係者は、すべての船舶輸送が中止されたと説明。「天津市の港湾地域における爆発で、化学タンカーや原油タンカーは現在、港への出入りができなくなっている」と述べた。

当局や国営メディアは、爆発による死者は少なくとも44人に上り、数百人が負傷したと報じている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below