for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

外国人の中国国債保有、6月は過去最高更新 増加ペースは鈍化

 7月6日、外国人による中国国債保有高が6月に過去最高を更新した。写真は北京で2017年5月撮影(2021年 ロイター/Thomas White)

[上海 6日 ロイター] - 外国人による中国国債保有高が6月に過去最高を更新した。魅力的な利回りが背景。ただ、増加ペースは人民元の上昇を抑制する当局の動きを受け、前月から鈍化した。

銀行間債券市場の証券決済機関、中国中央国債登記結算(CCDC)が5日夜に公表したデータによると、外国人の中国国債保有高は6月末時点で2兆1300億元(3296億9000万ドル)。

ロイターの算出によると、前月比で133億9000万元(0.6%)増と、3月以来の小幅な伸びにとどまった。外国人投資家の保有比率は全体の10.3%。

中国の政策銀行が発行した債券の外国人保有高は前月比1.1%増の1兆0200億元で、こちらも過去最高となった。

CCDCで決済された全ての債券の外国人保有高は前月比1.1%増の3兆3000億元だった。

中国当局は5月下旬、人民元の上昇を見込んだ一方的な動きをけん制し、元高を抑制する措置を取った。これを受け、人民元の対ドル相場は6月、2019年8月以来最悪のパフォーマンスとなった。

ただ、アナリストは中国債券について、利回りプレミアムに加え世界市場との相関性が比較的低いことが、外国人投資家にとって引き続き魅力になっていると指摘する。リフィニティブのデータによると、中国の10年債利回りは6月末時点で米国債利回りを161ベーシスポイント(bp)上回る水準で、利回り格差は5月末時点の147bpから拡大した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up