September 7, 2018 / 2:03 AM / 2 months ago

英艦艇の南シナ海航行、英中貿易交渉に影響する可能性=中国国営紙

 9月7日、中国の国営英字紙チャイナ・デーリーは社説で、英海軍の揚陸艦が中国が主権を主張する南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島付近を航行したことを受け、欧州連合(EU)離脱後の英国と中国の貿易交渉に影響が及ぶ可能性があると警告した。写真は中英両国旗。8月に北京で代表撮影(2018年 ロイター)

[上海 7日 ロイター] - 中国の国営英字紙チャイナ・デーリーは7日の社説で、英海軍の揚陸艦が中国が主権を主張する南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島付近を航行したことを受け、欧州連合(EU)離脱後の英国と中国の貿易交渉に影響が及ぶ可能性があると警告した。

中国と英国は8月下旬、英国のEU離脱後に英中が「第一級の」自由貿易協定(FTA)を締結する可能性について協議することで合意した。

チャイナ・デーリーはこの合意に言及した上で、「中国の中核的利害を妨げる行為は計画に水を差すだけだ」との見方を示した。

また、戦略的海域で「航行の自由作戦」の拡大を進める米国に英国は取り入ろうとしているとし、「EU離脱後の経済的な生命線として米国に期待する英国は、あらゆる機会を利用して米国の機嫌を取ろうとうするだろう」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below