January 14, 2020 / 5:49 AM / 10 days ago

中国、排出量取引制度の導入で年末までに「大きく前進」=担当高官

 中国政府の気候変動対策の担当官は14日ロイターの取材に対して、中国は排出量取引制度(ETS)の導入で年末までに「大きく前進」すると述べた。写真は閉鎖された鉄工所の上空を飛ぶ鳥。2016年撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[北京/上海 14日 ロイター] - 中国政府の気候変動対策の担当官は14日ロイターの取材に対して、中国は排出量取引制度(ETS)の導入で年末までに「大きく前進」すると述べた。

温暖化対策の世界的枠組み「パリ協定」の2015年の採択に先立ち、中国は全国的なETS導入を表明していたが、国内の排出量データの透明性を巡る懸念などで導入はこれまで何度も延期されている。

生態環境省の環境対策部門トップ、Li Gao氏は北京での会合の合間に「(ETS導入で)年末までに大きく前進する」と説明した。

当初、主要産業部門全てを対象にETS導入が計画されていたが、まず、石炭発電部門で導入する予定。同部門は年間約30億トンの温室効果ガスを排出している。

生態環境省は昨年、国連に提出した「二酸化炭素(CO2)排出インベントリ」で、2014年における同国の温室効果ガス排出量が123億トンに達し、過去10年間で53.5%増加したと明らかにした。

中国政府は、石油、化学、建設資材、鉄鋼、非鉄金属、製紙、電力、船舶の8部門の企業に二酸化炭素排出に関するデータを3月末までに提出するよう指示している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below