for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国、コモディティー市場安定化に向け需給両面の管理強化へ

5月19日、中国国務院(内閣に相当)はコモディティー価格の「不合理な」上昇を抑制し販売価格への転嫁を防ぐために、需給両面の管理を強化する方針を示した。中国国営中央テレビ(CCTV)が報じた。写真は2020年4月、北京で撮影(2021年 ロイター/Thomas Peter)

[北京 19日 ロイター] - 中国国務院(内閣に相当)は19日、コモディティー価格の「不合理な」上昇を抑制し販売価格への転嫁を防ぐために、需給両面の管理を強化する方針を示した。中国国営中央テレビ(CCTV)が報じた。

報道によると、中国はコモディティーの取引および備蓄に関する調整に注力し、現物・先物両市場での検査を強化するほか、悪質な取引に対する取り締まりを厳格化し、価格のつり上げにつながる取引を調査する。

さらに、石炭生産業者に対し夏季のピーク時の需要に対応するため「安全性の確保を前提に」生産量を増やすよう求めた。

報道を受け、鄭州商品取引所の一般炭先物が1300GMT(日本時間午後10時)から始まった夜間取引で一時7.9%安。大連商品取引所の鉄鉱石先物も一時7.5%下落したほか、上海先物取引所では鉄筋先物と熱延コイル先物が約6%安。銅先物なども下落した。

国務院はまた、安定的な金融政策を維持し、人民元を基本的に安定させると表明。コストが上昇する中で小規模・零細企業が生産や事業運営上の困難に対応するのを支援するとし、「小規模・零細企業向けの減税や免除措置を実施し、再融資や再割引を強化するほか、銀行に対して信用融資を拡大するよう指示する」とした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up