for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国当局、米上場の中国アプリ相次ぎ調査 滴滴に続き

 7月5日、中国サイバースペース管理局(CAC)は5日、求人アプリ「BOSS直聘」とトラック配車アプリ「運満満」および「貸車幣」への調査を実施していると明らかにした。写真は貸車幣のサインボード。2018年1月貴州省で撮影(2021年 ロイター)

[北京 5日 ロイター] - 中国サイバースペース管理局(CAC)は5日、求人アプリ「BOSS直聘」とトラック配車アプリ「運満満」および「貸車幣」への調査を実施していると明らかにした。データセキュリティーの規制強化に伴い、国内IT企業への取り締まりを強めている。

CACは4日、スマートフォン向けアプリストア運営各社に対し、配車サービス国内最大手、滴滴出行(ディディ)のアプリの配信を停止するよう命じた。滴滴による違法な利用者情報収集を理由に挙げた。滴滴は先月、米上場を果たした。

貸車幣と運満満の合併で誕生した満幇集団(フル・トラック・アライアンス)とBOSS直聘も先月、米株式市場に上場したばかり。

CACは声明で、調査を進める間、新規利用者の登録を停止するよう各アプリに指示。「国家データのセキュリティーリスクを予防し、国家の安全を守る」ためだと説明し、国家安全法とサイバーセキュリティー法(インターネット安全法)を根拠に挙げた。

中国当局は最近、反競争的慣行を理由に電子商取引大手アリババ・グループや食品デリバリー大手、美団のようなインターネットプラットフォーム企業に対する取り締まりも強化している。

フル・トラック・アライアンスは「トラック版ウーバー」と呼ばれ、1000万人強の登録トラック運転手と500万人以上のトラック所有者を抱える。

BOSS直聘は中国国内最大の求人サイトを運営。同社の新規株式公開(IPO)に向けた目論見書によると、今年第1・四半期の月間アクティブ利用者数は2490万人に上った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up