Reuters logo
中国共産党大会、大幅な経済改革につながらない見通し=フィッチ
2017年10月17日 / 12:19 / 1ヶ月前

中国共産党大会、大幅な経済改革につながらない見通し=フィッチ

[北京 17日 ロイター] - 格付け会社フィッチ・レーティングスは17日付ノートで、中国の政策立案者が2020年までの国内総生産(GDP)倍増といった成長目標の達成に注力する中、共産党第19回全国代表大会を受けてデレバレッジ(債務圧縮)などの主要な経済改革は先送りされそうだとの見解を示した。

 10月17日、格付け会社フィッチ・レーティングスは、中国共産党第19回全国代表大会を受けてデレバレッジ(債務圧縮)などの主要な経済改革は先送りされそうだとの見解を示した。写真は習近平国家主席、北京で9月撮影(2017年 ロイター/Jason Lee)

フィッチは、習近平国家主席が権力基盤を固めて厳しい構造改革に重点を移すチャンスになる可能性があるにもかかわらず、中国当局は大幅な改革に乗り出すのに後ろ向きとなるだろうと指摘。「当局は高水準のGDP伸び率目標にコミットし続けそうだ」とした。

その上で「金融セクターのリスクを抑えるため、金融規制は引き続き政策の優先課題にとどまるとわれわれはみているが、デレバレッジは少なくとも向こう数年延期されそうだ。国有企業改革も引き続き緩慢になりそうだ」との認識を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below