for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国JDドットコム、ネット商戦「618」の売上伸び率が過去最低

 中国の電子商取引会社、JDドットコム(京東商城)は、6月18日に向けて開催されたネット商戦「618」の売上高が10.3%増加した。伸び率は前年同期の27.7%から大幅に鈍化し、過去最低となった。写真は同社の広告の前を歩く人。北京で14日撮影(2022年 ロイター/Carlos Garcia Rawlins)

[北京 19日 ロイター] - 中国の電子商取引会社、JDドットコム(京東商城)は、6月18日に向けて開催されたネット商戦「618」の売上高が10.3%増加した。伸び率は前年同期の27.7%から大幅に鈍化し、過去最低となった。同社が公式の微信(ウィーチャット)で明らかにした。

618は11月11日の「独身の日」に次ぐ国内2番目の大型ショッピングイベント。中国の消費者の購入意欲が、新型コロナウイルス対策の行動制限や景気の悪化によって打撃を受けていることが浮き彫りになった。

商戦期間中のJDドットコムの売上高総額は3793億元(約564億8000万ドル)だった。

ライバルであるアリババ・グループと拼多多(ピンドゥオドゥオ)は618商戦の数字を公表しないことが多いが、星図数据(Syntun)のデータによると、今年の618商戦の売上高は計5826億元で、昨年の5785億元とあまり変わらなかった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up