March 18, 2020 / 3:10 AM / in 11 days

中国本土の新型コロナ、入国者の感染が5日連続で国内感染上回る

[北京/上海 18日 ロイター] - 中国国家衛生健康委員会の18日の発表によると、中国本土の新型コロナウイルスの新たな感染者は17日に13人と、前日の21人から減少した。

 3月18日、中国国家衛生健康委員会の発表によると、中国本土の新型コロナウイルスの新たな感染者は17日に13人と、前日の21人から減少した。写真は中国で1日撮影(2020年 ロイター/CHINA DAILY)

ただ、新規感染者のうち12人は海外からの入国者。海外から入国した感染者の数は5日連続で国内感染者数を上回った。

本土で市中感染したのは、新型コロナの発生源とされる湖北省武漢市で確認された1人のみだった。

海外から入国した感染者のうち3人は北京の患者で、前日の9人から減少。上海も3人で前日と同じだった。

広東省は5人で前日の3人から増加。タイ、英国、オランダからの入国者の感染が確認された。

海外からの中国本土入国者の感染例は17日時点で累計155人。前日から12人増加した。

中国本土の17日時点の新型コロナ感染者は累計8万0894人。死者は累計3237人で、前日から11人増加した。

新たに死亡した11人は湖北省の患者。うち10人は武漢市の患者だった。

湖北省では武漢のみ5日連続で外来患者から感染が確認されている。約2カ月間厳しい対策がとられている中で感染が続いていることは、懸念される兆候と考えられている。

武漢のコロナウイルス対策本部は17日夜、住民向けのテキストメッセージで「新たな感染者と家族は、自宅待機期間に外出していた。市中感染の可能性が否定できない」と警戒感を示した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below