March 25, 2020 / 2:24 AM / in 11 days

中国本土、入国者の新型コロナ新規感染例減る 国内はゼロ

[北京 25日 ロイター] - 中国本土での新型コロナウイルスの新規感染者が減少した。海外からの入国者の感染例が減り、国内感染者は震源地の湖北省を含めてゼロだった。

 3月25日、中国本土での新型コロナウイルスの新規感染者が減少した。写真は観光が再開された北京の万里の長城で、24日撮影(2020年 ロイター/Thomas Peter)

中国国家衛生健康委員会の25日の発表によると、24日時点の新たな感染者は47人で、いずれも海外からの入国者だった。前日の78人から減少した。

北京、広東省、福建省では海外からの入国者の新たな感染例が減少したものの、上海では19人と増加幅が過去最大を記録した。

天津、内モンゴル、江蘇省、四川省、吉林省、浙江省、山東省、陝西でも、海外からの入国者の感染が報告された。

中国本土での感染者は累計8万1218人となった。このうち、海外からの入国者の感染例は474人。

死者は累計3281人。前日から4人増えた。

中国はすべての国際空港の到着ロビーで検疫を強化している。

福建省泉州市は、今月26日から国際便と地方便の運航をすべて停止する。フィリピンから入国した4人の感染が24日に確認されたため。

北京市も、国際線を別の都市の空港に着陸させて乗客の検疫を行っている。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below