March 26, 2020 / 1:56 AM / 12 days ago

中国本土、新型コロナ新規感染者67人に増加 全員が入国者

[北京/上海 26日 ロイター] - 中国本土の新型コロナウイルス感染者は、国内感染者が前日に続きゼロとなった。ただ、海外からの入国者の感染例が増加した。

3月26日、中国本土の新型コロナウイルス感染者は、国内感染者が前日に続きゼロとなった。北京で25日撮影(2020年 ロイター/Thomas Peter)

中国国家衛生健康委員会の26日の発表によると、25日時点の新たな感染者は67人で、いずれも海外からの入国者だった。新規感染者数は、前日の47人から増加した。

中国本土での感染者は累計8万1285人となった。

死者は累計3287人。前日から6人増えた。

感染者は、上海市が最も多く18人、内モンゴル地域が12人、広東省が11人と続く。

羅照輝外務次官によると、海外からの入国者の約9割が中国のパスポート保持者で、そのうち4割が帰国した留学生だった。

同次官は会見で「留学生が帰国を強く希望するのは理解できる。ただ、現在の状況では、海外にとどまるのことで感染や経由国での足止めを回避できる」と述べた。

湖北省では、ウイルス感染の震源地となった武漢以外の封鎖が解除され、交通機関も運行を再開し、マスクを着用した人達が久しぶりに外出する様子がみられた。

武漢の封鎖は4月8日に解除される予定。

海外からの入国者の感染が拡大していることを踏まえ、当局は北京など主要都市での検疫体制を強化している。

26日付人民日報によると、政府の専門家パネルの専門家は、武漢の致死率は約5%と分析している。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below