for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボーイングCEO、中国機墜落調査に「全面協力」表明

 3月21日、米航空機大手ボーイングのデーブ・カルフーン最高経営責任者(CEO)は従業員宛てのメールで、中国東方航空のボーイング737─800旅客機墜落事故に関する調査に対し、同社技術職員の全面協力を表明したと明らかにした。写真は22日、広州白雲空港で、墜落機の搭乗者の親族のために設けられたスペースで連絡を待つ人々(2022年 ロイター/Carlos Garcia Rawlins)

[ワシントン 21日 ロイター] - 米航空機大手ボーイングのデーブ・カルフーン最高経営責任者(CEO)は21日、従業員宛てのメールで、中国東方航空のボーイング737─800旅客機墜落事故に関する調査に対し、同社技術職員の全面協力を表明したと明らかにした。

中国民用航空局(CAAC)が主導する調査について、ボーイングとして言えることは限られていると説明。「当社の顧客と事故調査を支えるため、われわれができる限りのことをやると信頼してほしい」と強調した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up