July 2, 2015 / 12:59 AM / 5 years ago

中国、信用取引規制を緩和 株価急落に対応

 7月2日、新華社によると、中国証券監督管理委員会(CSRC)は1日夜、証券会社の信用取引業務に課している規制を緩和することを明らかにした。江西省で2013年4月撮影(2015年 ロイター)

[上海 2日 ロイター] - 新華社によると、中国証券監督管理委員会(CSRC)は1日夜、証券会社の信用取引業務に課している規制を緩和することを明らかにした。

中国株式市場は最近、急落することが多く、懸念が広がっている。

現行の信用取引制度では、担保比率が130%を下回る場合は担保を追加しなければならないが、CSRCは今回、この要件を撤廃した。

また、信用取引を行う顧客は預かり資産が50万元以上である必要があるが、今後は資産が基準を下回っても取引を継続できる、という。

政府は数週間前まで、信用取引の取り締まりに動いていたが、中国株は過去2週間で20%以上急落しており、規制の緩和に転じた。

CSRCは、証券会社に対し、顧客との信用取引契約のロールオーバーを認める方針も表明。現在、信用取引の規模が許容水準を上回っている証券会社は現在の水準を維持できるが、さらに増やすことは認められない。

BOCOMインターナショナルのチーフストラテジストは「適切な措置だ。株価下落は主に追い証の発生によるものだ。証券会社が強制決済しないのであれば、少なくとも一時的には下落に歯止めがかかるはずだ」と述べた。

また、新華社によると、CSRCは、証券会社の資金調達手段を拡充するため、証券会社に対し、証券取引所などを通じて短期の社債を発行することを認める方針を示した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below