May 16, 2018 / 2:38 AM / 5 days ago

中国新築住宅価格、4月は前月比+0.5%に加速 小規模都市好調

[北京 16日 ロイター] - 中国国家統計局が16日発表したデータに基づくロイターの算出によると、4月の中国主要70都市の新築住宅価格は前月比0.5%上昇し、3月の0.4%上昇からやや加速した。

 5月16日、中国国家統計局が16日発表したデータに基づくロイターの算出によると、4月の中国主要70都市の新築住宅価格は前月比0.5%上昇し、3月の0.4%上昇からやや加速した。写真は上海の集合住宅の建設現場。昨年2月撮影(2018年 ロイター/Aly Song)

既存の規制に対する適用除外策や地方の成長見通しを背景に、小規模都市で住宅購入を求める動きが広がり、全体の価格上昇に寄与した。

上昇は36カ月連続で、上昇率は2017年6月以来の大きさだった。

前年同月比では4.7%上昇。伸び率は3月の4.9%から鈍化した。

4月は主要70都市中58都市で価格が上昇。3月の55都市から拡大した。抑制策は継続しているが、堅調な市場の裾野の広がりを示唆している。

Eハウス・チャイナR&Dインスティチュート(上海)のアナリスト、Yan Yuejin氏は「価格がまだ低く、緩和的政策を採用し、何らかの開発構想を打ち出している都市で住宅購入を求めている人は多数いる」と指摘した。

不動産調査コンサルティング会社センタラインのアナリスト、Zhang Dawei氏は、省都で大卒者を住宅購入規制の適用除外とする新たな措置が投資を後押ししたと分析した。

統計局によれば、規模の大きい省都のほとんどを含む二線都市およびそれに次ぐ規模の三線都市の価格上昇率は4月にそれぞれ0.1%ポイント、0.2%ポイント加速したという。ただ実際の上昇率は明かされなかった。

上海市、南京市、武漢市など一部の都市では、住宅購入にくじ引き制を導入している一方、寧波市、西安市、合肥市など比較的小さい都市では住宅手当の支給によって人を呼び込んでいる。

北朝鮮との国境沿いに位置する丹東市は4月の住宅価格が2%上昇し、上昇率でトップとなった。

政府が自由貿易圏の設置と港湾建設計画を打ち出している海南省では、三亜、海口両市の住宅価格が1.9%上昇した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below