July 10, 2018 / 5:45 AM / 10 days ago

コラム:中国のドル建て起債抑制は逆効果、さらなる資金流出も

[香港 9日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国当局は債務の多い不動産開発業者を主な対象として、ドル建て社債の発行抑制に乗り出している。これは資金流出を煽り、外貨準備を減らし、人民元相場に一段と下落圧力をかける恐れがある。

 7月9日、中国当局は債務の多い不動産開発業者を主な対象として、ドル建て社債の発行抑制に乗り出している。これは資金流出を煽り、外貨準備を減らし、人民元相場に一段と下落圧力をかける恐れがある。北京で2016年撮影(2018年 ロイター/Jason Lee)

エネルギー会社の中国国儲能源化工集団は5月、金融環境が引き締まり、ドル建て社債3億5000万ドルの返済が不可能になったと発表した。大型のデフォルトは今後も続く可能性がある。

人民元がこの3カ月、対ドルで5%超下落したのに伴い、オフショアでの借り入れコストは上がった。野村のアナリストらによると、中国企業によるドル建て債の発行残高は7750億ドルで、来年と再来年にそれぞれ1300億ドル近くの返済が控えている。

中国国家発展改革委員会(NDRC)は先月、不動産企業がドル建ての新発社債を発行する場合、調達資金の使途を主に既存債務の返済に限るよう要請した。またトムソン・ロイターのIFRは、当局が民間発行体に短期のドル建て債発行を制限するよう口頭で指導していると伝えている。

当局はこれまで、矛盾した姿勢を示してきた。例えば財政省は2016年、地方政府による国内での起債能力に制限を加えたが、NDRCはドル建ての起債については看過。ドル資金の調達はレバレッジの縮小にはつながらないが、2014年から16年にかけて1兆ドルも減っていた外貨準備の補充に役立つとの判断だったとみられる。

現在は米連邦準備理事会(FRB)が利上げを進めているため、中国企業によるドル資金調達需要が減退している。それでも企業によるドル建ての起債を締め付ければ、裏目に出る恐れは残る。企業が起債を止め、既存債務を返済するために人民元をドルに転換し始めれば、かつての資金流入源が、今度は資金流出の原因に転じかねないのだ。

野村の予想では、ドル資金調達額は2017年の正味1860億ドルから、今年は810億ドルに減少し、早ければ来年には流出超に転じる可能性がある。足元の人民元レートは落ち着いているが、NDRCの

近視眼的措置は、重要な支えを外すことにつながる。

●背景となるニュース

・中国人民銀行の9日の発表によると、6月の外貨準備額は3兆1120億ドルに増えた。

・NDRCは6月27日、不動産開発業者に外貨建ての起債で得た資金の使途を、既存債務の返済に限るよう要請した。

・IFRによると、NDRCはまた、中国企業に期間1年未満のドル建て債の発行を控えるよう口頭で指導した。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below