Reuters logo
コラム:中国の銀行融資急増、いつもの「悪癖」再発
2016年2月17日 / 07:03 / 2年後

コラム:中国の銀行融資急増、いつもの「悪癖」再発

[香港 16日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国の銀行は年明け早々、ある程度おなじみになっている悪習がまた頭をもたげてきた。人民銀行(中央銀行)が資金供給を拡大する中で、1月の新規人民元建て融資は2兆5000億元余りという高水準になった。

 2月16日、中国の銀行は年明け早々、ある程度おなじみになっている悪習がまた頭をもたげてきた。写真は人民元紙幣。ソウルで2010年10月撮影(2016年 ロイター/Lee Jae-Won)

問題は、既に大きく積み上がっている国内の債務をさらに膨らませれば、いずれは避けられない不良債権処理の痛みが一段と増すばかりという点にある。

毎年1月は中国の銀行の融資態度が寛大になる傾向があるといっても、今回の融資額の大きさは鮮烈だ。前年同月よりも1兆元以上も多く、与信総額の伸びの大半を占めた。

なぜこうなったかを説明できる理由はいくつかある。1つは流動性が比較的潤沢だったことだ。人民銀行は利下げを渋っているものの、海外への資金流出に対抗する形で金融システムに大量の資金を流し込んでいる。中国企業が、外貨建て債務から国内での借り入れに方向転換しているという面もある。中国の不動産に活気が戻るとの確信が再び高まり、借り入れ意欲が盛り返したのかもしれない。

ただし中国には国内融資の拡大を許容できる余地はない。一部の見積もりでは、債務総額は国内総生産(GDP)の250%に迫りつつある。公式統計で見た成長率は昨年6.9%まで減速し、物価下落で名目GDPはさらに下振れた。つまり相対的には少ない借り入れ増でも、経済全体の負担は増していく。にもかかわらず中国銀行業監督管理委員会(CBRC)によると、昨年の商業銀行の融資額は12%伸びて72兆元に達した。

真に懸念されるのは、融資の相当な部分が前向きな理由ではないかもしれないという状況だ。銀行は、問題を抱えている借り手のデフォルト(債務不履行)を防ぐために新規融資を提供している。事態の緊迫化は表面化しつつある。CBRCによると、公式に不良債権と分類された貸出債権は昨年51%も増加し、将来不良債権化しかねない債権も37%増えた。この2つのカテゴリーを合計すると、融資総額に占める比率は5.5%となっている。

もっともこの比率の分母である融資総額が1月にさらに増えたことで、不良債権問題はしばらく表面的には深刻度が下がったように見えるだろう。とはいえ、中国が債務負担から逃れるために、銀行が手を貸すことができるはずはない。今こそ、何らかの新たな解決策を打ち出す時期だ。

●背景となるニュース

*人民銀行が16日発表した1月の新規人民元建て融資は2兆5100億元(3854億ドル)となった。マネーサプライM2伸び率は前年同月比14%。いずれも市場予想を上回った。

*1月の社会融資総量は3兆4200億元。12月は1兆8200億元だった。

*融資の急増についてアナリストは、人民銀行が春節(旧正月)を前に資金供給を拡大したためとみている。春節の休暇前に市場の需給ひっ迫を和らげる狙いで人民銀行は1兆5300億元を供給した。

*CBRCが15日発表したセクター全体の不良債権額は昨年末時点で1兆2700億元と、10年ぶりの高水準に達した。将来不良債権化する恐れがある債権額は2兆8900億元に増加した。

*社会融資総量のデータは以下のアドレスをクリックしてご覧ください。

bit.ly/1KSZa2t

*CBRCが公表したデータは以下のアドレスをクリックしてご覧ください。

bit.ly/1Qi7POq

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below