for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-中国、7月から一部消費財の輸入関税引き下げ計画=通信社

(内容を追加しました)

[北京 24日 ロイター] - ブルームバーグは24日、複数の関係筋の話として、中国が食品や化粧品など一部の消費者向け製品の輸入関税を、早ければ7月1日から引き下げる計画だと報じた。

報道によると、昨年発表された約200品目の引き下げよりも多くの製品品目の関税が引き下げられるという。

ただ、最終的な内容はまだ決まっておらず、国務院(内閣に相当)の承認が必要だとしている。

国務院と財政省にファクスでコメントを求めたが、今のところ回答を得られていない。

アナリストは、関税引き下げが実施されても国内消費を大幅に押し上げることはなさそうだと指摘。経済的なインパクトは限定的となる可能性が最も高く、数値で示すことは困難だとした。

華宝信託の上海駐在アナリスト、ニエ・ウェン氏は「海外旅行先での消費などが拡大するなか、消費財の輸入関税引き下げは中国にとって必要だ。しかし、一般的に言えば、輸入押し上げに伴う経済的なインパクトは小さいだろう」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧下さい

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up