for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国の地方都市で経済統計改ざん、多数の当局者降格・免職処分に

 5月27日、中国国家統計局は、経済統計を改ざんしたとして、多数の地方当局者を降格・免職処分にしたと発表した。北京で2019年8月撮影(2022年 ロイター/Huizhong Wu)

[北京 27日 ロイター] - 中国国家統計局は27日、経済統計を改ざんしたとして、多数の地方当局者を降格・免職処分にしたと発表した。

河北省ケイ台、河南省焦作、貴州省畢節、安順の各都市で検査を行った結果、2020年と21年に統計改ざんが判明したという。

河北省当局は、工業生産、固定資産投資、卸売・小売販売に関するデータの一部が「著しく不正確」だったためケイ台の当局者45人を「党紀政務処分および組織処理」にした。

河南省は38人、貴州省は22人に同様の処分を行ったという。このような処分は降格や免職を意味する。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up