November 2, 2018 / 1:34 PM / 12 days ago

中国国務院、雇用促進策を計画=国営ラジオ

[北京 2日 ロイター] - 中国国務院は、雇用促進に向けて目標を絞った措置を講じる方針を示した。国営ラジオが2日、伝えた。

中国政府はここ数カ月、景気急減速を回避するため、銀行に融資を促し、減税やインフラ投資の拡大を図っている。

国営ラジオによると、国務院は定例会議で「現在の国内および海外の情勢は複雑になっており、雇用への圧力は依然大きい」とし、雇用創出に不可欠な中小企業への支援を優先し、新興企業に融資保証をする方針を示した。

厳しい状況にある一部企業に対し、2019年1月1日から支払い失業保険料の半分を還付することも明らかにした。

失業保険料率を1%とする現行の政策を来年4月末以降も継続する方針。

アナリストらは、景気が減速し、米国の制裁関税の影響が広がるに連れて失業者が増えるとみている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below