January 7, 2020 / 8:57 AM / 7 months ago

中国外貨準備、昨年末は3.108兆ドル 元上昇で予想以上の増加

[北京 7日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)が発表した2019年12月末の外貨準備は3兆1080億ドルで、11月末から123億ドル増加した。米中が「第1弾」通商合意に達したことを受けて人民元が上昇したことが背景。

ロイターがまとめたエコノミストの予想は74億ドル増の3兆1030億ドルだった。

中国国家外為管理局(SAFE)は、外貨準備が小幅増加したのは、為替レートや資産価格の変動が要因と説明した。

2019年年間で外貨準備は352億ドル増加。18年は672億ドル減少していた。

ここ1年、米国との貿易戦争が影を落とし、景気が減速しているが、厳格な資本規制のおかげで、資金流出は抑制されている。

12月、人民元CNY=CFXSの対ドル相場は約1%上昇した。ただ、年間では1.5%下落した。

アナリストは、元相場は引き続き、金融緩和期待よりも米中貿易問題の材料に左右されるとみている。

12月末時点の金準備は954億0600万ドル。前月末の914億6900万ドルから増加した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below