for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国外貨準備、昨年末は3.108兆ドル 予想以上の増加

[北京 7日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)が発表した2019年12月末の外貨準備は3兆1080億ドルで、11月末から123億ドル増加した。

ロイターがまとめたエコノミストの予想は74億ドル増の3兆1030億ドルだった。

ここ1年、米国との貿易戦争が影を落とし、景気が減速しているが、厳格な資本規制のおかげで、資金流出は抑制されている。

12月、人民元の対ドル相場は約1%上昇したが、年間では1.5%下落した。

中国国家外為管理局(SAFE)は、外貨準備が小幅増加したのは、為替レートや資産価格の変動が要因と説明した。

12月末時点の金準備は954億0600万ドル。前月末の914億6900万ドルから増加した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up