for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国100都市の新築住宅価格、5月は前月比0.34%上昇=民間調査

[北京 1日 ロイター] - 中国の民間不動産調査大手チャイナ・インデックス・アカデミー(中国指数研究院)によると、5月の国内100都市の新築住宅価格は前月比0.34%上昇した。前月は0.23%上昇だった。

上昇は3カ月連続。不動産開発業者の販売ペースが加速しており、住宅価格が上昇した都市は80と、前月の77から増加した。

長江デルタ地帯の小都市で特に値上がりが目立った。

同社のリサーチディレクターは「不動産開発業者が立ち上げた新規の住宅プロジェクトの数は5月も高水準だった」と述べた。

5月の中古住宅価格は前月比0.5%上昇。上昇ペースは4月と同じだった。1級都市の中古住宅価格は前月比0.95%上昇と、他の都市の平均の2倍以上に達した。

中国政府は住宅価格の上昇抑制に向けた対策を強化。投機的な取引を取り締まっている。

主要18都市の5月の住宅売買は前月比横ばい。1級都市は20%減、3級都市は33%増だった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up